都島区医師会の電話番号

〒534-0021 大阪市都島区都島本通1-8-15

会長のご挨拶

遠山 祐司会長

一般社団法人都島区医師会
会長 遠山 祐司

24時間365日、
特別な医療が必要な患者さんに対応しています。

都島区医師会会長の遠山祐司です。
普段は、区内で耳鼻咽喉科の開業医をしています。
一般社団法人都島区医師会は昭和22年に設立され、70年近い歴史があります。
都島区内には現在、合わせて100を超える診療所や病院があり、それぞれの専門科のドクター達がお互いに連携し「かかりつけ医」として市民の皆さんの健康を支えています。
また診療のかたわら、学校保健、予防接種、産業保健、健康教育などにもかかわり、区役所や保健福祉センターなど地域の行政機関や市民団体とも密に連携し、社会福祉事業や公衆衛生活動にも積極的に協力しています。
さらに特定健診・特定保健指導にも多くの医療機関が協力しています。また、寝たきりのお年寄りや障がいを持った方々に、医師の指示に基づいて看護師を派遣し、これらの方々の看護や介護をする都島区医師会訪問看護ステーションを運営し在宅医療にも携わっています。
都島区には高度な機能を持ち24時間365日三次救急を扱う大阪市立総合医療センターがあり、都島区の医療機関とは特に密接に連携し、特別な医療が必要な患者さんに対応しています。
これまでわが国の医療は国民皆保険制度に支えられ、世界一効率のよい医療を実践し世界一の健康長寿国を維持してきました。
しかし、この間の経済財政至上主義による医療費抑制政策により、日本各地で、病院や病床の閉鎖、診療科の縮小などの医療崩壊が始まり、これらを是正しようとする動きもみられるようですが、一度壊れてしまったものは、なかなかもと通りにはなりません。医療の最前線を守る専門家として、私たちは市民の皆さんと共に診療のかたわら活動を続けてゆきたいと考えています。
これからも都島区医師会によろしくご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。